2020年07月09日

トラベルヘルパー社内研修



トラベルヘルパーとして求められるものは
主に介助の技術と旅行に関する知識ですが、
その介助技術の向上のため、社内研修として
リハビリ職員(理学療法士)を講師に設定し、
実際に外出をし屋外施設で車いすを使った移動や
介助の勉強など行いました。

暑い中での研修となりましたが、新しく入社した
職員はもとより、トラベルヘルパーの資格取得から
年数が経っている職員にとっても、あらためて勉強
となるいい機会となりました。

【外出支援事業部・中野】
posted by メロディ at 09:40| 介護旅行